一昨日の金曜日にメタボ検診糖尿病と診断され、土日は、うろたえている自分がいます。

三大合併症への恐怖ですね。体調は全然悪くないのですが、もう、お菓子も、白いご飯も食べる気が起きないのです。

今、日曜日のお昼の2時ですが、昼ごはんを食べる気がしません。朝食は、
・トマトジュース
・豆乳
・チキンハムとスライスたまねぎ

だけでした。昼はどうしようかと考え中です。

目が弱っていて、ぼやけたり時にはダブって見えるということを高の原中央病院の眼科の非常勤の若い女の先生に言いましたが、ほとんどスルーされました。問診も適当で驚きました。
瞳孔を開く目薬をして、眼底をしっかり見てくれと要求して、やっと目薬をさしてくれました。(網膜はく離のレーザー手術暦があるため。)

私は1時間近くいましたが、大病院なのに、待合室に患者が私以外ゼロでした。どんだけ人気がないの?患者の話は聴かないし、1人でしゃべっているし、駄目医者の典型みたいな非常勤医師でした。

合併症では、網膜症が一番怖いですよね。脚一本なくなっても生きていけますが、失明すると、生きていく自信がありません。

私が紹介状を書いてもらう予定の病院は、公立山城病院です。糖尿・内分泌科という専門科があり、ホームページには、「2型糖尿病の患者様ほぼ全員に早期の短期インスリン強化療法(約2週間)を行い」云々とあります。

2週間入院するということでしょうか?

自分がインスリンを自宅で注射できるわけがなく、2週間入院となると、仕事は?入院費は?と心配なことが出てきて、ストレスがたまりそう。

月曜か火曜には紹介状をもらって、水曜日には病院にいきたいと思っています。

インスリン依存というのも嫌なので、鍼灸治療も受けて、できるだけ、食事制限と自然治癒力で治したいと思っています。甘いかなあ~。

まだまだ始まったばかりなので、分からないことばかりです。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村