糖尿病 闘病日誌

国内では、糖尿病の疑いがある人が740万人と言われ、50歳以上では4人に1人が糖尿病だとされています。 本ブログは、メタボリックな53歳男性が、糖尿病を宣告(ヘモグロビンA1c10.5 空腹時血糖値249)されてからの闘病日誌を綴っています。 すでに隠れ糖尿病や糖尿病治療中の方だけでなく、食後血糖値が高く糖尿病が心配な方の参考になれば幸いです。

発芽玄米

GI値と糖尿病食

最近、書店などで「GI値」という言葉をよく目にしたり耳にしたりするようになりました。

糖尿病である私たちは、このGI値を常に意識した食事を心がけなければなりません。

単純には、糖質制限ということで、炭水化物や糖を避ければいいわけですが、野菜の中にも、ジャガイモやニンジンのように血糖値をいくらか上昇させる食品もあるわけで、それを区別するには、このGI値に頼るしかないわけです。

GI値(グリセミック・インデックス)というのは、「血糖上昇反応指数」という意味らしいです。GI値が高い食品ほど血糖値が上昇して、インシュリン分泌も活発になるわけです。

したがって、このGI値を意識したダイエットを「低インシュリンダイエット」と呼ぶこともあるようです。



例えば、白米と玄米は、カロリー自体は殆ど同じですが、GI値は白米が84に対し 玄米は56と違いがあります。つまり、同じ量(カロリー)うぃ食べても、 玄米を食べるほうが血糖値が上がりにくいというわけです。

糖尿病の人は、白米を出来るだけ食べないほうがいいのですが、主食なので、そういうわけにも行きません。
ならば、玄米や発芽玄米を食べるのがベストということになります。

玄米は食べながらも、GI値を気にしながら、糖質を制限した食事にするのが、一番続けやすい糖尿病食かもしれません。

ところで、玄米は、発芽させると味も消化も良くなるということを知っていましたか?

発芽させるには、発芽玄米専用の炊飯器を使います。普通の玄米を発芽させて、ふっくらと炊き上げてくれます。玄米ご飯のようなぱさぱさ感がありません。

発芽玄米には、ギャバが白米の約10倍も含まれており、たとえおかずが粗食であっても、発芽玄米だけでも、十分な栄養が摂れます。

「発芽したての玄米」が全自動で美味しく炊ける日本で唯一の炊飯器が、「なでしこ健康生活」です。多くのメディアで紹介され、発売が待たれていましたが、ついに2012年12月に販売が始まりました。限定数販売のようですので、お早めにご検討・ご注文されて下さい。

ついに登場、発芽したての玄米が全自動でおいしく炊ける炊飯器
なでしこ健康生活

糖尿病の主食をどうするか

糖質制限は糖尿病に確かに効果的ですが、長期間、主食(ご飯、パン)を食べないということは、ストレスになります。

私は、夕食には、絶対ご飯やパンは食べませんが、昼食は、たまにご飯も食べます。通常の半分ですけどね。レストランだと、ライスの半分を残します。以前なら、「ご飯大盛り無料」とあると、やったー、ラッキーと、狂喜していましたが・・・

夕食は、ご飯の代わりに、糖質オフの麦芽酒でおかずのみを食べています。

朝食は、豆腐、卵、チーズ、ソーセージなどですね。

パンも食べたいときがあります。こんな商品を最近見つけました。ちょっと高いので、躊躇していますが。。。。


ご飯で糖質オフは無理なので、玄米がいいのではないかと考えています。普通の玄米を発芽させて、美味しくふかふかに炊き上げてくれる専用炊飯器があるようです。


こちらもびっくりするくらいお高いです。糖尿病には、通院治療費以外にも、食事などにお金が掛かるのが悩みの種ですね。

発芽玄米炊飯器「圧力美人」が売れる訳

先日、ブログで圧力美人を紹介したら、47000円もするのに、1台売れました。

テレビが買えるほどの大金なので、私は、いまだに買えずにいますが、糖尿病には良さそうなので、いつかは買いたいと思っています。

※売り切れました。m(__)m 

発芽玄米だと、必要な栄養素の7割が摂れるそうです。だから、お昼のお弁当を発芽玄米と梅干だけにしても栄養がそれほど不足することはありません。

また、糖質の摂取比率GI値(血糖値が上がる速度)は、60以下に抑えることが望ましいとされていますが、発芽玄米のGI値は白米の84に対し51と低いため、糖質が体内でゆっくりと吸収されるので食後血糖値が高い我々には理想的です。

New圧力名人』という製品も他社から出ていますが、「圧力美人」と全く同じ製品です。圧力美人のほうが若干安いです。

圧力美人の炊飯モードは、「発芽炊飯」のほか、「高圧」「低圧」「お粥」「手動蒸ら」「発芽のみ」があります。

勿論、普通の白米も炊けますので、心配要りません。発芽玄米のほか、「オール玄米」や「混合炊飯」でも炊けます。

発芽玄米そのものを購入すると高いですが、安い玄米を購入して自宅で発芽させるわけですから、コストパフォーマンスにも優れています。

しかも、市販の発芽玄米は、馬鹿高いですが、十分に発芽しているものが少ないみたいですね。

自分用にも欲しいですが、高齢の両親にも買ってあげたい製品だなと思っています。(30日間返品保証もあるようです)

※売り切れました。m(__)m 

発芽玄米で、もっと健康になりたい

運動の為、縄跳びを数十年ぶりにやったところ、二重とびを15回飛んだところで、腰がぎくっ、となってしまい、その日は、歩くのが辛かったです(汗)。

体重が、若かりし頃(70キロ)から太ってしまっていること(92キロ)をすっかり忘れておりました。

ダンベルも先日3キロで運動していたら、左の肩が上がらなくなって、やめています。(先生には、最初は1キロから始めるように注意されました。)

いつの間に、こんなに年を取ったのだろうか。

さて、前回紹介した、難消化性デキストリンを毎食後にお茶やコーヒーに入れて飲んでいます。味は全然変わりませんよ。次回検査時のヘモグロビンA1cの値が楽しみです。久々に、5.8くらいになりたいですね。

ところで、発芽玄米に今関心を持っています。玄米は知っていましたが、発芽玄米のことは良く知りませんでした。

発芽玄米は、玄米を一定時間、一定温度の水につけ発芽させた状態のものらしいですね。発芽が始まったばかりの0.5~1mmの発芽状態で食べるのが鉄則だそうです。

玄米は、発芽させると味も消化も良くなるらしいですね。例のギャバという成分が白米の約10倍も含まれていることです。

長生きするには、そろそろ発芽玄米にすべきかな、と思っています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ナットウキナーゼ
訪問者数

    最新コメント
    血糖測定器
    • ライブドアブログ