トランス脂肪酸、って最近よく耳にしますよね。

米国のFDA(米食品医薬品局)が、トランス脂肪酸を、2018年6月までに食品添加物から全廃すると発表した、というニュースが流れていました。

トランス脂肪酸は、食用油などに含まれていて、肥満や心臓病と関連があると言われています。

とりあえず、日本より先に、アメリカでは、マーガリンやショートニングが使えなくなるということですね。

アメリカより基準が甘いなんて、ちょっと信じられませんよね。

世界一安全な国日本、は幻想だったのでしょうか?

自分で自分の身を守るしかないのですね。

トランス脂肪酸が多く含まれる食べ物には、気を付けましょう!

菓子パン、ケーキ、クッキー、アイスクリーム・・・・パンの材料でもあるショートニングやファットスプレッドにも入っています。

糖尿病の大敵である甘い食品やスナック菓子、パン類、クッキー類などの「粉もの」には要注意です。


では、最も体に良いオイルとは!?

前日の記事にも紹介したココナッツオイルですね!

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が、ダイエットや老化予防にも効果があると話題になっています。

とりあえず、朝食のトーストに塗ってみてください。爽やかな味にビックリすると思います。

マーガリンとは決別しましょう!