糖尿病 闘病日誌

国内では、糖尿病の疑いがある人が740万人と言われ、50歳以上では4人に1人が糖尿病だとされています。 本ブログは、メタボリックな53歳男性が、糖尿病を宣告(ヘモグロビンA1c10.5 空腹時血糖値249)されてからの闘病日誌を綴っています。 すでに隠れ糖尿病や糖尿病治療中の方だけでなく、食後血糖値が高く糖尿病が心配な方の参考になれば幸いです。

ココナッツオイル

トランス脂肪酸に要注意!!

トランス脂肪酸、って最近よく耳にしますよね。

米国のFDA(米食品医薬品局)が、トランス脂肪酸を、2018年6月までに食品添加物から全廃すると発表した、というニュースが流れていました。

トランス脂肪酸は、食用油などに含まれていて、肥満や心臓病と関連があると言われています。

とりあえず、日本より先に、アメリカでは、マーガリンやショートニングが使えなくなるということですね。

アメリカより基準が甘いなんて、ちょっと信じられませんよね。

世界一安全な国日本、は幻想だったのでしょうか?

自分で自分の身を守るしかないのですね。

トランス脂肪酸が多く含まれる食べ物には、気を付けましょう!

菓子パン、ケーキ、クッキー、アイスクリーム・・・・パンの材料でもあるショートニングやファットスプレッドにも入っています。

糖尿病の大敵である甘い食品やスナック菓子、パン類、クッキー類などの「粉もの」には要注意です。


では、最も体に良いオイルとは!?

前日の記事にも紹介したココナッツオイルですね!

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が、ダイエットや老化予防にも効果があると話題になっています。

とりあえず、朝食のトーストに塗ってみてください。爽やかな味にビックリすると思います。

マーガリンとは決別しましょう!

ココナッツオイルの効果を検証します!

最近のマイブームは、冷水シャワー、湯シャンとココナッツオイルですね。
冷水シャワーは昨年10月から、湯シャンは今月初旬から続けています。
湯シャンの効果はまだ分かりませんが、冷水シャワーのおかげか、この冬、風邪はまったく引きませんでした。

そして、今月始めたばかりなのがココナッツオイルです。

トーストは糖質制限中の私はめったに食べないのですが、バターやマーガリンの代わりにココナッツオイルを塗って食べています。これがまた美味しいんですね。

コーヒーに入れても、マイルドになります。中鎖脂肪酸ですから、蓄積しないんですね。むしろ、中性脂肪を溶かして、排出してくれるようです。

ハリウッド女優の間で、ダイエットや美容に良いということで、流行しているらしいです。

自分的には、ダイエット効果もですが、糖尿病改善や、アルツハイマーの予防効果に特に関心があります。

とりあえず、3か月くらい、ココナッツオイル漬けになってみて、ヘモグロビンA1Cやコレステロール・中性脂肪の数値にどんな影響・効果があるか、試してみようと思っています。

まずは、マーガリンの代わり、ブラックコーヒーのミルク代わり、野菜の炒めものなどに多用しようと考えています。その効果については、また本ブログでおいおい発表しますね。

継続は力なり。良い習慣は続けたいですね。

こちらのお店のココナッツオイルがおススメです。リーズナブルで、安心な商品です。

ブログランキング
ナットウキナーゼ
訪問者数

    最新コメント
    血糖測定器
    • ライブドアブログ