糖尿病 闘病日誌

国内では、糖尿病の疑いがある人が740万人と言われ、50歳以上では4人に1人が糖尿病だとされています。 本ブログは、メタボリックな53歳男性が、糖尿病を宣告(ヘモグロビンA1c10.5 空腹時血糖値249)されてからの闘病日誌を綴っています。 すでに隠れ糖尿病や糖尿病治療中の方だけでなく、食後血糖値が高く糖尿病が心配な方の参考になれば幸いです。

健康食品など

ココナッツオイルの効果を検証します!

最近のマイブームは、冷水シャワー、湯シャンとココナッツオイルですね。
冷水シャワーは昨年10月から、湯シャンは今月初旬から続けています。
湯シャンの効果はまだ分かりませんが、冷水シャワーのおかげか、この冬、風邪はまったく引きませんでした。

そして、今月始めたばかりなのがココナッツオイルです。

トーストは糖質制限中の私はめったに食べないのですが、バターやマーガリンの代わりにココナッツオイルを塗って食べています。これがまた美味しいんですね。

コーヒーに入れても、マイルドになります。中鎖脂肪酸ですから、蓄積しないんですね。むしろ、中性脂肪を溶かして、排出してくれるようです。

ハリウッド女優の間で、ダイエットや美容に良いということで、流行しているらしいです。

自分的には、ダイエット効果もですが、糖尿病改善や、アルツハイマーの予防効果に特に関心があります。

とりあえず、3か月くらい、ココナッツオイル漬けになってみて、ヘモグロビンA1Cやコレステロール・中性脂肪の数値にどんな影響・効果があるか、試してみようと思っています。

まずは、マーガリンの代わり、ブラックコーヒーのミルク代わり、野菜の炒めものなどに多用しようと考えています。その効果については、また本ブログでおいおい発表しますね。

継続は力なり。良い習慣は続けたいですね。

こちらのお店のココナッツオイルがおススメです。リーズナブルで、安心な商品です。

糖尿病専門医と健康食品はリピーターで稼ぐ

今から30分以内にご注文の方には、もう1個プレゼント!

先着1万名様に、無料で1瓶をプレゼント!

こんなテレビCMをよく見かけます。それでよく儲かるな、と感心しますが、要は顧客の囲い込みなんですね。

健康食品はリピーターが付きやすいので、無料でも何でも一度でも愛用してもらうというのが肝心です。

血糖値が不安な方は、まずは、専門医に診てもらいましょう。。。これも同じ。

予防医学は、患者を「呼ぼう医学」と言われています。

特に糖尿病は、リピーターになります。「糖尿病は完治しない」と吹き込まれ、このお薬を死ぬまで飲み続けて下さいと、餌付けされるのがほとんどの糖尿病患者の行き先です。

糖尿病専門医は本当に病気を直す気があるのでしょうか?

患者を「金のなる木」として見てはいませんか?疑心暗鬼です。

私は入院中に、白米をたらふく食べさせられました。運動もせず、ベッドでずっと横になっていました。

本気で血糖値を下げさせたいなら、白米を減らすべきですよね。運動もさせるべきですよね。

場所が無ければ、1日に数時間ランニングマシーンで走らせるか歩かせればいいですよね。

今になって、入院期間は、餌付けの期間だったなと思っています。二度とあの病院へは行きません。

私の昔の記事を読んで、触発されて同じ病院に入院された方もいましたが、値段の高いインシュリン注射を入院直後から2週間も打たせる病院なんか、怪しいですよ。

それに、インシュリン注射なんかしてもぜんぜん、下がらなかったですからね。

そんな私が、自己流の糖質制限を半年やっただけで、血糖値が正常値に戻ってしまいました。

リピーター目当てなので、皇潤も昔はお試しパックが6300円しましたが、今は4000円以下です。

いまどき青汁なんて、時代遅れ!今や〇〇の時代です!

実は2年程前ですが、巷で話題の「青汁」を飲み比べたことがあります。

飲み比べ記事>>> はちみつ青汁 27年の歴史の安心感 

普通の青汁粉末が3g~4gなのに対し、はちみつ青汁の1包は7gとボリュームが違います。それで、はちみつ青汁を推奨していたわけですが、今になると、青汁はどれもこれも、中身が薄くて、栄養効果も薄いんじゃないかと思うようになりました。

今や「野菜ジュースブーム」と言われ、野菜ジュースを専門に売るスタンドやお店が大流行です。

これからは、青汁じゃなくて、野菜ジュースでしょ。

第一、青汁じゃお腹膨れないし、不味いし、あんなもんで健康になった気になるのは可笑しい。

野菜ジュースなら、味の変化を楽しめるし、食物繊維も、酵素も、ビタミンも、その充実度は、青汁の比じゃない。

糖尿病を克服したけりゃ、野菜ジュースを飲むべし。

そのためには、酵素やビタミンを破壊しにくい低速ジューサーが必須です。

高齢になって、病気入院すれば10万や20万はすぐ吹っ飛びます。低速ジューサー3万円なんて、安いもんです。

石臼式低速ジューサー

難消化性デキストリンで食後の血糖値上昇を抑える

野々村真さんが、フィットライフコーヒーのテレビショッピングに出ていました。
手軽に血糖値が下げられるということで、このブログでもフィットライフコーヒーを紹介したことがあります。

実は、普通のコーヒーに食物繊維(難消化性デキストリン)を混ぜれば、同じ効果が期待できることを知っていましたか?

難消化性デキストリンは、無色無臭の粉末なので、コーヒーだけでなく、どんな飲み物に混ぜても大丈夫です。

スーパーにはたぶん売ってないと思います。楽天市場の通販で手に入ります。

血糖値が急上昇するのは、食後なので、食後にこれを入れたお茶やコーヒーを飲むと、効果覿面です。

糖質制限とココナッツオイル

糖質制限をやったことのある人は、ケトン体という言葉をご存知でしょう。

糖質を制限すると、ブドウ糖のようにエネルギーを供給する物質が減少するため、同様の働きをするケトン体が合成される、という話ですね。

糖質制限で、高脂肪食、高たんぱく食になると、エネルギー不足が心配になりますが、ブドウ糖を摂らなくても、ケトン体が生成されるようになると、エネルギー不足にはならずに済むわけです。

最近注目されているココナッツオイルですが、このココナッツオイルに豊富に含まれる中鎖脂肪酸が、ケトン体の合成を促進することが分かってきています。

ココナッツオイルを摂ることで、血液中のケトン体濃度が上昇し、体内のエネルギー源が、ブドウ糖からケトン体へと切り替わり、体内の脂肪が燃焼されるようになるのです。

ボケ予防にも良いと言われるココナッツオイルですが、糖質制限によるダイエットや血糖値低下にも貢献するということです。

ただ、ココナッツオイルの品質はピンキリですから、できるだけ良いものを選んで長期的に活用したいですね。

ココナッツオイルプカプカ

ブログランキング
ナットウキナーゼ
訪問者数

    最新コメント
    血糖測定器
    • ライブドアブログ