糖尿病 闘病日誌

国内では、糖尿病の疑いがある人が740万人と言われ、50歳以上では4人に1人が糖尿病だとされています。 本ブログは、メタボリックな53歳男性が、糖尿病を宣告(ヘモグロビンA1c10.5 空腹時血糖値249)されてからの闘病日誌を綴っています。 すでに隠れ糖尿病や糖尿病治療中の方だけでなく、食後血糖値が高く糖尿病が心配な方の参考になれば幸いです。

闘病記録

痛風!? 急に足の指の付け根が。。。

昨年7月、ヘモグロビンA1c 5.7になった私は、「糖尿病完治!」を宣言していました。

2か月間、とある博物館の守衛に採用された私は、週に3日は2万歩歩いていました。
その結果、2か月で5kg痩せ、上記の数値を達成したのでした。

血液検査でも、肝機能検査も正常値、コレステロールも中性脂肪も正常範囲と、かつてない、健康体に戻ったのでした。

しかし、勤務中のアクシデントで、腕を骨折して2か月休職し、職場復帰したら、前から嫌らしい性格で超神経質な糞野郎先輩にネチネチと苛められ、退職を余儀なくされたのでした。

まあ、その辺の私の個人的な事情はともあれ、歩くことが如何に糖尿病治療に、否健康に有効かが実証できました。

退職後、私は一切運動せず、歩くこともせず、自宅でのネットビジネスに舞い戻ったのでした。。。。

結果、私の体重は5kg増加して、元に戻ってしまいました。 食生活もやや乱れてきて、糖質も結構とっています。

ヘモグロビンA1c 5.7が維持できているとは思っていませんが、体調はいいので、そう悪くはないと思っています。 しかし、医者嫌いから、通院せず放置状態。汗・・・

実は、今日というか、ついさっき、足の指(主に中指)の付け根が痛みだしたのです。

それで、あわてて痛風と糖尿病の関係について調べたり、尿酸値を下げてくれる薬品やサプリメントはないかと、調べていました。(痛風と糖尿病の間に相関関係はほとんどないようです。逆に血糖値が高いと尿酸値が下がるとかの現象もあるようです)

ちなみに、上記のヘモグロビンA1c 5.7を達成した時の血液検査では、尿酸値5.5という素晴らしい結果でした。

糖尿病真っ盛りの数年前でも、だいたい5台の数値でした。ただ、糖質制限をほぼ完ぺきにやっていた頃は、肉ばかり食べていましたので、尿酸値が6.5まで上がりました。

今はどうなんでしょう。半年で5.5→7.0以上にまで上昇するでしょうか??

足の指が痛いのは痛風の前兆なのかどうか不明です。もうしばらく様子を見てみたいです。
(医者行け、って?確かに、、、)

  アンセリンの配合量で選ぶなら『慈凰』

午前中にパンとご飯を抜いたら痩せられるか!?

以前にも書きましたが、私の糖尿病罹患前後の体重変化は、こんな感じです。

4年前95キロ ⇒痩せてきたと思ったらダイエット効果ではなく、糖尿病が原因の体重減で88キロ
⇒教育入院10日間・85キロ⇒退院後リバウンドして93キロ⇒糖質制限始めて85キロ⇒警備員の仕事を始めて80キロ(一種の運動療法)⇒仕事を辞めて85キロにリバウンド(58歳現在に至る)


いったん警備員という肉体的にきつい仕事で2か月で80キロまで痩せましたが、辞めたら運動しないので太り始め、5キロもリバウンドしてしまいました。

最近、秋のせいもあって、ご飯が美味しくて美味しくて、炭水化物がこんなに美味しいものかと感動までする始末です。(一応、罪悪感から、小麦やら発芽玄米を混ぜたりしてますが・・・)

糖質制限で半年間、ご飯もパンも食べなかった自分は、いったいどこに行ったんだろうか?と不思議に思えます。あの時の自分はエライ!なんてね。

今では、糖質制限はかなり難しいと感じています。

糖質制限をきっちりやれば、確実に痩せることは分かり切っているんだけれど、相当強い意志が必要。肉食中心になるので、食費も掛かりますし。

私が最近始めたのは、キツイ糖質制限ではなく、「午前中パンもご飯も食べないダイエット」です。朝は、果物と野菜オンリー。ゆで卵はOKにしています。

バナナには糖質が多く含まれていますが、果物なのでOKです(実はバナナ好きなだけ)。

野菜は、モヤシやトマト、小松菜、ニンジン、ホウレンソウなどですね。今流行のスムージーが一番いいのでしょうが、まだ低速ジューサーを購入していません。近々、購入したいとは思っています。

これはいわゆる「酵素ダイエット」に近いかと思われます。あるいは、「8時間ダイエット」(1日8時間以内しか食べないダイエット)に近いかもしれません。昼と夜には制限を加えません。なぜなら、制限するとキツクて続けられないからです。

この午前中に糖質を摂らないダイエットは、億万長者のジェームス・スキナー氏が提唱されているもので、スキナー氏は、実際その方法で痩せられました。

とりあえず、半年くらいやってみて、5キロ減を目指そうと思っています。ダイエットのご参考に。

なお、糖尿病の数値が悲惨な方は、ハイパー糖質制限が必須です。キツイけど頑張って下さいませ。

糖質制限の権威、江部先生のブログが参考になります。

>>> ドクター江部の糖尿病徒然日記

糖尿病完治!? ヘモグロビンA1cが5.7とか。。。

1か月前、食べても食べても太らない時期が続いていました。
そして、何十年ぶりかの70キロ台も経験しました。

しかし、ここ数日で、また82キロ前後に戻ってきました。
しばらく、炭水化物を控える予定です。

さて、更新をさぼっていましたが、7月上旬の血液検査で、糖尿病が完治していて驚きマックスです。笑。

ヘモグロビンA1c 5.7

これって、糖尿病といえるでしょうか?先生の口から完治とは言われませんでしたが、もはや糖尿病ではないでしょう。

4年前の7月、糖尿病が発覚した時の数値が10.?でしたから、格段の改善です。

この数値は、糖質制限ダイエットを半年実施した直後の数値と同じです。

今回私は、約2か月間、施設警備員の仕事をして、月に15日程度は一日2万歩近く歩きました。

所謂<運動療法>ですが、仕事なので、強制的に運動できたわけです。2か月で5キロの体重減と糖尿病改善。

さらに血液検査で、肝機能検査値をすべて正常クリア。
コレステロール121、中性脂肪181と正常範囲内という、私的には、近年まれにない数値を達成したのでした。

恐るべし、運動療法。

今、仕事中に右腕骨折して労災休業中(汗)。最近2か月は運動してません。笑。

もうすぐ仕事に戻るので、このまま数値を維持したいですね。


肉類を絶って、ベジタリアン3か月継続中

糖質制限が最近は緩くなってきて、アイスクリームやシュークリームも楽しんでいる自分ですが、昨年の暮れから肉食を絶っています。

You Tubeで牛や豚、鶏などの屠殺場面を見たり、ベジタリアンであるポールマッカートニーの動画を見たりしているうちに、自分もベジタリアンになろうと決心しました。

続けてみたら、肉好きの自分が、いつのまにか、肉類を欲しなくなり、約3か月ですが、なんとか肉を食べずに来れました。

テレビのロケ番組などで、肉を食べているシーンを見ても、全然食べたいと思いません。

それと牛乳も完全に飲むのをやめました。以前は、毎日グラス1杯の牛乳は欠かさなかったのですが、今は豆乳だけにしています。チーズやヨーグルトもごく少量にしています。

魚は食べますが、魚は意外とコストがかかります。コスト面で鶏肉はOKにしようかと少し迷っているところです。

一方、糖質制限はさらに緩くなってしまいました。一切肉を食べずに糖質制限をすると、食べるものに困ってしまうからです。私は半年の糖質制限中、肉ばかり食べていましたから。

肉類を絶っても体重はほとんど下がりません。やはり、糖質を絶つほうがダイエットとしては効果があるようです。

ところで、ベジタリアンにもいろんなレベルがあるようです。

私は肉類と乳製品は食べませんが、魚肉と卵は食べるベジタリアンです。

ポールマッカートニーは「ビーカン」と呼ばれる厳格なベジタリアンで、魚や卵も食べないようです。芸人の小藪は、魚やチーズは食べるようです。タレントのベッキーは動物好きで毛皮を身に着けないだけでベジタリアンだと噂されていますが、それ以上の情報は見つかりません。

何でも厳格にやりすぎると疲れるし続かないので、餃子に入っているミンチなどは別にいいか、と最近は緩く考えてます。

肉類を絶っても、ダイエット効果はあまり期待できないので、動物愛護やエコロジーの観点で始めたほうがいいかもしれません。

肉類を絶ったことで、血糖値や肝機能など、血液検査の結果にどんな影響があったかは、分かった時点で、また掲載します。

 

食い改めよ! 耳下腺が腫れて、大騒動の巻

最近聞いた言葉ですが、「癌や糖尿病を予防したいなら、食い改めよ!」という言葉が、妙に心に残っています。

なるほどね!「悔い改めよ、天国は近づいた。」という福音書のヨハネの言葉は有名ですが、なるほど、食い改めよ、とはうまく表現しましたね。

確かに、老化の原因になる糖質を減らし、野菜・キノコを多くとる生活に改めたいものです。最近、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの「乳製品が体に悪い」という説をYou Tubeで見て、驚いているのですが、これは賛否あるようですから、鵜呑みにせず、じっくりと見守りたいと思っています。

さて、最近の体調ですが、10月半ばに、耳下腺に腫物ができたので、耳鼻咽喉科に行きましたが、原因が分からないのに、多量の薬剤(抗生物質や抗炎症剤)を処方され、揚句に大学病院を紹介され、大学病院で生検を受け、MRIも受けたのですが、結局「原因不明」のまま処置が終わりました。大笑いです。

ネットの情報で、耳下腺腫瘍だと自分で診断していましたが、生検で注射器を刺して、吸い取ったら大量の膿がでて、腫れが無くなってしまいました。1週間後、悪い細菌も見つからず、MRIで見ても悪性の腫瘍では無かったようです。

耳下腺腫瘍だったらほぼ確実に入院・手術だったのですが、結局、膿を吸い取ったら、それでOKだったみたいで、手術したら、保険から20万円の手術給付金が出たのに、と逆にがっかりでした。結構、診療費や検査費を使わされましたが、結果、原因不明とは・・・・

人間の体は難しいんですよ。分からないことはいっぱいあります」これが、大学病院の耳鼻咽喉科部長の最後のお言葉でした。せめて、原因の可能性くらい示唆してほしかったな・・・

数万円を医療業界に献金したようなものです。こうやって、医療業界は儲けるんだな、という感じですね。

最近、You Tubeで船瀬さんの「抗がん剤で殺される」関連の動画や、近藤誠先生の「どうせ死ぬなら癌がいい」関連の動画をよく見ます。

もう自分も50代後半で、子供も4人育て上げたので、いつ死んでもいいかな、癌になったら、病院に行かないで自宅で静養して自然死しようかなと思っています。

糖尿病の通院もほぼやめてしまったけど、毎月5000円浮いて、お得な感じです。年1回のメタボ検診で血糖値とヘモグロビンA1cの測定で十分かな、と思っています。

通院をやめた不安感のおかげで、逆に、しっかり食事制限はできています。また、体重も確実に維持できていますので、あとは、「運動不足の解消」だけです。

ホント、運動嫌いなんですよ、困ったものです。

ブログランキング
ブルーベリー お試し
訪問者数

    最新コメント
    • ライブドアブログ