糖尿病 闘病日誌

国内では、糖尿病の疑いがある人が740万人と言われ、50歳以上では4人に1人が糖尿病だとされています。 本ブログは、メタボリックな53歳男性が、糖尿病を宣告(ヘモグロビンA1c10.5 空腹時血糖値249)されてからの闘病日誌を綴っています。 すでに隠れ糖尿病や糖尿病治療中の方だけでなく、食後血糖値が高く糖尿病が心配な方の参考になれば幸いです。

闘病記録

ココナッツオイルの効果を検証します!

最近のマイブームは、冷水シャワー、湯シャンとココナッツオイルですね。
冷水シャワーは昨年10月から、湯シャンは今月初旬から続けています。
湯シャンの効果はまだ分かりませんが、冷水シャワーのおかげか、この冬、風邪はまったく引きませんでした。

そして、今月始めたばかりなのがココナッツオイルです。

トーストは糖質制限中の私はめったに食べないのですが、バターやマーガリンの代わりにココナッツオイルを塗って食べています。これがまた美味しいんですね。

コーヒーに入れても、マイルドになります。中鎖脂肪酸ですから、蓄積しないんですね。むしろ、中性脂肪を溶かして、排出してくれるようです。

ハリウッド女優の間で、ダイエットや美容に良いということで、流行しているらしいです。

自分的には、ダイエット効果もですが、糖尿病改善や、アルツハイマーの予防効果に特に関心があります。

とりあえず、3か月くらい、ココナッツオイル漬けになってみて、ヘモグロビンA1Cやコレステロール・中性脂肪の数値にどんな影響・効果があるか、試してみようと思っています。

まずは、マーガリンの代わり、ブラックコーヒーのミルク代わり、野菜の炒めものなどに多用しようと考えています。その効果については、また本ブログでおいおい発表しますね。

継続は力なり。良い習慣は続けたいですね。

こちらのお店のココナッツオイルがおススメです。リーズナブルで、安心な商品です。

ゆる~い糖質制限を継続したい今日この頃

「糖質制限食」に関するテレビの「報道特集」の二次使用動画です。関心のある方は、どうぞ。(後半音声が消えますが、前半15分ほどは大丈夫です。)



糖質制限をなぜ、日本糖尿病学会は認可しないのか。以前にも書きましたが、糖尿病が治ると困るからです。<糖尿病は不治の病>という先入観を植え付けて、患者を一生薬漬けにすることが、医師や薬品業界が生き延びるための王道だからです。

私が通院していた糖尿病専門クリニックの院長は県の糖尿病学会のお偉いさんです。待合室には、糖質制限食を批判する文書が置かれ、糖尿病治療には、カロリー制限食しかないんだという雰囲気を作っています。

不信感も芽生え、私はもう1年以上そこに通院していません。

それに、糖質制限と歩くだけの運動療法で、自力完治したからです。私は糖質制限で、脂っこいものを食べまくりましたが、コレステロールも中性脂肪も基準値以内に下がりました。

私は好物のから揚げを毎日のように食べていましたが、脂質異常を30年ぶりに克服したのです。(から揚げの油は、別の意味で良くありませんので、今は食べていません。)

一世を風靡しているライザップも、あの体を作るために、徹底した糖質制限を行っています。あそこまで徹底すると、結果にコミットした後のリバウンドが怖いですけどねえ。笑。

日本人なら、白いご飯の誘惑に誰も勝てませんから、糖質制限といっても、少しは食べる方が良いと思います。

よく噛んで食べれば、小さなお茶碗一杯の白飯でも、満足感が得られます。
週一回くらい、アイスクリームを食べても問題ありません。

行き過ぎた節制は、リバウンドという逆作用が必ず襲ってきます。

糖質を採らない食事を1日1食でも2食でもいいから継続していきたい思っています。糖尿病が深刻な方は、当初は、厳格に糖質制限して、数値が良くなったら、緩い糖質制限にして、長く継続できるようにするのがいいのかなあと思います。

私も一旦完治しましたが、また再発しないよう、気を付けて糖質制限を継続したいと思います。

糖質を減らす食生活は、高齢者の必須課題

私は、半年間、ご飯とパンを食べずに過ごし、食後血糖値もヘモグロビンA1cも正常値に戻りました。また、アルバイトで守衛の仕事をして、毎日2万歩も歩き回ったら、体重が2か月で5キロ減り、30年ぶりくらいに肝機能が全部正常値に戻りました。(当ブログの過去の記事に書いていますので、また読んでくださいね。)

これは凄いことです。

で、今は、、、、というと、「ご飯が美味しい!」毎日です。よくも半年間、パンもご飯も食べずにいれたな、と自分でも感心してしまいます。

肉が好きだから、肉ばかり食べていたような気がします。大好きなビールと、焼き鶏と、生キャベツと・・・みたいな夕食が多かったですね。

楽しみがないと続きません。ご飯の代わりに、糖質ゼロの麦芽酒を飲んでました。

カレーライスは、納豆や豆腐の上にカレーをかけて食べていました。最近、テレビCMで武井咲がサラダカレーというのをやっていますが、あれも良さげですね。

カレーに入れるニンジン、ジャガイモは糖質の多い野菜ですが、私の場合、OK。バナナもOK。

ご飯とパンと麺類さえ食べなきゃいい、位のゆる~い基準じゃないと続かないですからね。ま、ご飯食べないのは緩くもないですけどね。半分に減らすだけでも効果はあると思いますね。

糖質はAGEという物質を生成し、老化を促進します。糖尿病だけでなく、痴呆の発症にも関係しているようです。


糖質を減らす食生活は、高齢の我々には必須事項ではないでしょうか。

痛風!? 急に足の指の付け根が。。。

昨年7月、ヘモグロビンA1c 5.7になった私は、「糖尿病完治!」を宣言していました。

2か月間、とある博物館の守衛に採用された私は、週に3日は2万歩歩いていました。
その結果、2か月で5kg痩せ、上記の数値を達成したのでした。

血液検査でも、肝機能検査も正常値、コレステロールも中性脂肪も正常範囲と、かつてない、健康体に戻ったのでした。

しかし、勤務中のアクシデントで、腕を骨折して2か月休職し、職場復帰したら、前から嫌らしい性格で超神経質な糞野郎先輩にネチネチと苛められ、退職を余儀なくされたのでした。

まあ、その辺の私の個人的な事情はともあれ、歩くことが如何に糖尿病治療に、否健康に有効かが実証できました。

退職後、私は一切運動せず、歩くこともせず、自宅でのネットビジネスに舞い戻ったのでした。。。。

結果、私の体重は5kg増加して、元に戻ってしまいました。 食生活もやや乱れてきて、糖質も結構とっています。

ヘモグロビンA1c 5.7が維持できているとは思っていませんが、体調はいいので、そう悪くはないと思っています。 しかし、医者嫌いから、通院せず放置状態。汗・・・

実は、今日というか、ついさっき、足の指(主に中指)の付け根が痛みだしたのです。

それで、あわてて痛風と糖尿病の関係について調べたり、尿酸値を下げてくれる薬品やサプリメントはないかと、調べていました。(痛風と糖尿病の間に相関関係はほとんどないようです。逆に血糖値が高いと尿酸値が下がるとかの現象もあるようです)

ちなみに、上記のヘモグロビンA1c 5.7を達成した時の血液検査では、尿酸値5.5という素晴らしい結果でした。

糖尿病真っ盛りの数年前でも、だいたい5台の数値でした。ただ、糖質制限をほぼ完ぺきにやっていた頃は、肉ばかり食べていましたので、尿酸値が6.5まで上がりました。

今はどうなんでしょう。半年で5.5→7.0以上にまで上昇するでしょうか??

足の指が痛いのは痛風の前兆なのかどうか不明です。もうしばらく様子を見てみたいです。
(医者行け、って?確かに、、、)

  アンセリンの配合量で選ぶなら『慈凰』

午前中にパンとご飯を抜いたら痩せられるか!?

以前にも書きましたが、私の糖尿病罹患前後の体重変化は、こんな感じです。

4年前95キロ ⇒痩せてきたと思ったらダイエット効果ではなく、糖尿病が原因の体重減で88キロ
⇒教育入院10日間・85キロ⇒退院後リバウンドして93キロ⇒糖質制限始めて85キロ⇒警備員の仕事を始めて80キロ(一種の運動療法)⇒仕事を辞めて85キロにリバウンド(58歳現在に至る)


いったん警備員という肉体的にきつい仕事で2か月で80キロまで痩せましたが、辞めたら運動しないので太り始め、5キロもリバウンドしてしまいました。

最近、秋のせいもあって、ご飯が美味しくて美味しくて、炭水化物がこんなに美味しいものかと感動までする始末です。(一応、罪悪感から、小麦やら発芽玄米を混ぜたりしてますが・・・)

糖質制限で半年間、ご飯もパンも食べなかった自分は、いったいどこに行ったんだろうか?と不思議に思えます。あの時の自分はエライ!なんてね。

今では、糖質制限はかなり難しいと感じています。

糖質制限をきっちりやれば、確実に痩せることは分かり切っているんだけれど、相当強い意志が必要。肉食中心になるので、食費も掛かりますし。

私が最近始めたのは、キツイ糖質制限ではなく、「午前中パンもご飯も食べないダイエット」です。朝は、果物と野菜オンリー。ゆで卵はOKにしています。

バナナには糖質が多く含まれていますが、果物なのでOKです(実はバナナ好きなだけ)。

野菜は、モヤシやトマト、小松菜、ニンジン、ホウレンソウなどですね。今流行のスムージーが一番いいのでしょうが、まだ低速ジューサーを購入していません。近々、購入したいとは思っています。

これはいわゆる「酵素ダイエット」に近いかと思われます。あるいは、「8時間ダイエット」(1日8時間以内しか食べないダイエット)に近いかもしれません。昼と夜には制限を加えません。なぜなら、制限するとキツクて続けられないからです。

この午前中に糖質を摂らないダイエットは、億万長者のジェームス・スキナー氏が提唱されているもので、スキナー氏は、実際その方法で痩せられました。

とりあえず、半年くらいやってみて、5キロ減を目指そうと思っています。ダイエットのご参考に。

なお、糖尿病の数値が悲惨な方は、ハイパー糖質制限が必須です。キツイけど頑張って下さいませ。

糖質制限の権威、江部先生のブログが参考になります。

>>> ドクター江部の糖尿病徒然日記

ブログランキング
ナットウキナーゼ
訪問者数

    最新コメント
    血糖測定器
    • ライブドアブログ