糖質制限をやったことのある人は、ケトン体という言葉をご存知でしょう。

糖質を制限すると、ブドウ糖のようにエネルギーを供給する物質が減少するため、同様の働きをするケトン体が合成される、という話ですね。

糖質制限で、高脂肪食、高たんぱく食になると、エネルギー不足が心配になりますが、ブドウ糖を摂らなくても、ケトン体が生成されるようになると、エネルギー不足にはならずに済むわけです。

最近注目されているココナッツオイルですが、このココナッツオイルに豊富に含まれる中鎖脂肪酸が、ケトン体の合成を促進することが分かってきています。

ココナッツオイルを摂ることで、血液中のケトン体濃度が上昇し、体内のエネルギー源が、ブドウ糖からケトン体へと切り替わり、体内の脂肪が燃焼されるようになるのです。

ボケ予防にも良いと言われるココナッツオイルですが、糖質制限によるダイエットや血糖値低下にも貢献するということです。

ただ、ココナッツオイルの品質はピンキリですから、できるだけ良いものを選んで長期的に活用したいですね。

ココナッツオイルプカプカ