VOAボランティアバンクって知っていますか?

ボランティアバンクに登録していると、いろんな治験への参加を案内するメールが送られてきます。

私も一度参加したことがあります。2005年のことでした。太り気味の中年男性を募集していました。指定された病院に行き、血液を採取されたり、健康状態に関するいろんなアンケートに答えました。

結局、当時は糖尿関係の血液検査も良く、治験対象には選ばれず、それっきりとなりました。その際の交通費や検査料は自費負担だったので、二度と参加するかと思い、それっきりです。

しかし、最近では、初診から参加協力費がもらえる治験もあり、治験によっては、1回1万円以上貰えるものもあります。1週間の入院で、10万円貰えるとかもありましたので、時間が余っている人や失業中の人の小遣い稼ぎなどにはいいかとは思います。

たまに2型糖尿病で治療中の方も募集していますので、糖尿病の治療中で時間の自由な主婦の方など参加されても面白いですね。大体5000円~1万円程度の参加協力費がもらえるようです。

新薬のモニターは、副作用の危険が伴わないわけではありませんので、健康食品のモニターがおススメです。良い条件のものはすぐに定員に達しますので、早めの応募が大事です。

治験とは聞こえはいいですが、要は人体実験ですから、あくまで自己責任で。