ライブドアニュースに気になるニュースが出ていましたので、ご紹介します。
そのタイトルは、「コーヒー飲む人 糖尿病なりにくく肝がんリスク低い疫学調査」というもの。

糖尿病に関心の高い方なら、気になるニュースなのではないでしょうか。

かくいう私も糖尿病罹患者(過去!?)であり、かつ、コーヒー愛好家でもあります。

毎日3~7杯のコーヒーを愛飲しております。好きな種類はキリマンジェロ。モカもよく飲みます。コーヒーメーカーでドリップさせて飲みますが、そのほかに、家にはネスカフェの新旧バリスタが2台あります。

こちらのブログに写真付きで紹介中 >>>最新型バリスタが我が家に到着!

コーヒーの話はさておき、糖尿病や癌に良い結果をもたらすという信頼すべき調査結果が多々あるようです。

◆医学誌『ランセット』に発表された論文(2002年)
  「コーヒーを1日7杯以上飲む人の糖尿病(2型)発症リスクは、2杯までしか飲まない人に比べて半分程度」


◆国立がん研究センターがん予防・検診研究センターの「多目的コホート研究」(2009年)
  「1日にコーヒーを5杯以上飲む人」は「ほとんど飲まない人」に比べて糖尿病の発症率が男性で約2割、女性では約6割も少ない」

◆アメリカがん協会(2013年)
  「1日4杯以上コーヒーを飲む人は、飲まない人に比べて40%ほど口腔・咽頭がんによる死亡率が低くなっていた」

とりあえず、食後にコーヒー1杯は欠かせないですね。