たまに、コーヒーが糖尿病予防に効果があるとかの記事を読みます。しかし、よく見ると、コーヒー会社がその記事を掲載していたりで、客観性ないな、と思ってしまう。

最近は、名古屋大学の堀尾教授などが、マウスの実験などで効果があったと、客観性の高い報告をされているようです。

私自身は、コーヒーが好きということもあって、自分の糖尿病にきっと効果があると信じて飲んでいます。

「信じるものは救われる」というのは、ある意味真実で、信仰が病気を治したという事例は数多くありますよね。「プラシーヴォ効果」といったものもその一つでしょう。

ですから、私は、糖質を摂りすぎたな、と感じたときは、必ずコーヒーを飲みます。

最近のニュースによると、1日4杯程度が一番効果的だそうですが、コーヒー愛好者の私は、1日4~8杯くらい飲みます。体の血中糖分が溶けていく様を想像しながら、飲んでいます。

健康のイメージが健康を引き寄せてくれる、と言います。かなり、迷信的な話なので、皆さんは信じないでください(笑)。

でも、自分は健康だ、健康だと言い聞かせながら生活することは大事だと思います。

私の場合、コーヒーを飲むのがその一つのきっかけになっています。


これを使うと、インスタントがとっても美味しくなりますヨ。