糖尿病に運動がいいと分かっていても、だいたい、糖尿病に掛かる人間なんて、運動が好きな奴なんていないんだよね。運動好きだったら、もともと、糖尿なんて患ってないよね。

と、いつも開き直って嘯く自分ですが、先日、こんな記事が。。。。

<糖尿病患者>熱心な運動で死亡リスク半分に…厚労省研究班

  日ごろ熱心に運動している糖尿病患者は、ほとんどしない人に比べて死亡の危険性がほぼ半分に下がることが、厚生労働省研究班(主任研究者=曽根博仁・新潟大教授)の大規模調査で判明した。
 運動量が「多い」群は、時速6キロのウオーキングに換算すると1日平均1時間10分、水泳では同30~40分程度の運動量。「少ない」群は、仕事や日常生活の活動以外、ほとんど運動していなかった。

 調査の結果、「多い」群の患者が脳卒中を起こす危険性は、「少ない」群の約6割、他の病気も含め死亡する危険性は5割程度にとどまっていた。(出典:Yahoo!ニュースから部分抜粋)

「少ない」群は、仕事や日常生活の活動以外、ほとんど運動していなかった。。。まさに自分だわ。笑。
確かに、運動すれば、血糖値や血圧が改善するし、精神的なストレスも軽くなるからね。

長生きするなら、やはり適度な運動ですかね。しかし、運動しすぎると、活性酸素が体内に増えて、病気になりやすいとも聞くから、「適度な」というところが肝心なんですね、多分。

ジャパネットタカタの「腹筋君」が欲しいと思っているんですが、楽天市場にもありました!