足裏がジンジンして、違和感を感じていたことは、以前、本ブログでも書きました。
>>> 糖尿病と足の痛み

そのことが、糖質制限を始める強いきっかけになったように思います。

糖尿病特有の足にくる違和感です。糖尿病は、足、目、腎臓の順に毛細血管や神経が侵されてくる病気なのです。

私の場合、白内障が進行して、かなり、視力が落ちました。メガネをかけても、0.3前後でしょうか。外で人に出会っても気づかないことが多いです。年内に白内障の手術も考えています。

白ご飯を食べなくなって1ヶ月半くらいでしょうか、足裏ジンジンもなくなり、体調が良くなりました。夜は、おかずだけですが、それほど空腹感もなく、恐らく、胃が小さくなったのでしょう。1日に食べる量が少なくなりました。

甘いものへの渇望もほとんどありません。お菓子が食べたいときは、スイカやキューイなどの甘い果物を摂るようにしています。

果糖も血糖値を上げることは分かっていますが、甘いものを我慢しすぎると、ストレスが溜まりますからね。

どうしてもお菓子が食べたくなる方は、以前紹介したような、擬似お菓子で我慢するといいでしょう。
>>> 糖質制限の救世主 チョコっとダイエット

栄養面で心配な方は、青汁などを毎日飲用すると、栄養バランスがよくなると思います。

ご飯抜きなんて、考えられないという方がほとんどでしょう。私もそう思っていました。

でも、慣れてくると、拒食症ならぬ、拒飯症のような感じになって、ご飯に対して、若干嫌悪感も持つようになります。しかし、これは良くないので、1日1食は、お茶碗半分くらいのご飯は食べたほうがいいかもしれません。

体重が減ると、インスリンの働きも上がりますし、そもそも、糖質を摂らなければ血糖値は上がりようがありませんから、お薬も飲む必要がありません。

通院すれば、毎月5000円程度かかりますが、その費用を、たとえば、ジム通いに使えば、有効活用ができます。

通院して血糖コントロールしても、悪化しないだけで、改善されることはありません。また、長い間、薬に頼っていると、副作用もあるだろうし、食事を改善しようという強い動機も育ちません。

一生直らないといわれる糖尿病は、医者にとっては、「金のなる木」。

脱医者、脱薬品を私は目指したいと思っています。

少しでもお役に立ちましたら、こちらのクリックもよろしくお願いします。m(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ