ためしてガッテンのアンチエイジングスペシャルを真夜中にやっているのを見て、やはり、糖尿病は恐ろしい病気だな、と改めて自覚しました。

人間の老化には、AGE(終末糖化産物)という物質が原因しているということが最近の研究で分かっているそうです。

このAGEにやられやすいのが、コラーゲンの多い部分、つまり、骨、皮膚、内臓などなんですね。つまり老化が現れやすい部分です。

そして、このAGEが増える原因になるのが、食後血糖値だそうです。

つまり糖尿病は、老化の速度を速めるということですね。そのほか、糖尿病で、他の病気のリスクが、動脈硬化で2~3倍、白内障で5倍、認知症で2倍になるそうです。

じゃあ、どうすればいいのか。食後血糖値を上げないように、糖尿病の治療ということに尽きますが、ためしてガッテンでは、具体的な方法で実際効果のある方法を教えてくれました。

答え:野菜類をごはん(糖質)より先に食べる

聞いたことがあると思いますが、野菜類を先に食べると、血糖値の上昇が緩やかになります。

これだけで、ヘモグロビンA1cの数値が2ヶ月で、1以上下がったという結果が出ていました。

糖尿病が、老化の速度を早めるという事実を知って、改めて、何とかしたいという気持ちになりました。


ブログランキングに参加しています。クリックして応援をお願いします。m(__)m

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ