国民健康保険に加入している自営業者等には、毎年「メタボ検診」の案内が市町村から来ます。

会社勤めの方は、会社の健康診断を受診されているので、来ないと思います。

最近、体重が減少してきて、ひょっとして、癌じゃなかろうか、と心配だった私は、近隣の医院に電話して、メタボ検診の予約を入れました。

体調は、こんな具合でした。
・体重が、ここ3ヶ月で8~10キロ減少した
・目がかすんで、見えづらい
・頻尿で、残尿感があり、いつもスッキリしない
・喉がかわく
・・・・・・

この状況だけで、糖尿病だと、分かる人は分かるでしょう。

私は過去に一度も高血糖と言われたことがなかったために、糖尿病の可能性を考えたことがありませんでした。

そして、6月18日(金)にメタボ検診を受けました。検尿と血液検査、問診だけでした。血液検査の結果は、数日後まで分からないそうです。

問診のとき見せられたのは検尿の結果です。
・糖  3+
・蛋白 2+

これだけで糖尿病と診断するのは早急なのですが、体重減少が決め手となったようです。

血液検査の結果が届いたら、●●病院への紹介状を書いてあげますから、また来てください、とのことでした。

●●病院の院長は糖尿病の専門医だとのことです。

もしそれまでに気分が悪くなったら、すぐに病院に行ってください、といわれました。
3+の意味が良く分からないのですが、それぐらい酷い状況なのでしょうか。少しショックを受けました。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村