糖尿病 闘病日誌

国内では、糖尿病の疑いがある人が740万人と言われ、50歳以上では4人に1人が糖尿病だとされています。 本ブログは、メタボリックな53歳男性が、糖尿病を宣告(ヘモグロビンA1c10.5 空腹時血糖値249)されてからの闘病日誌を綴っています。 すでに隠れ糖尿病や糖尿病治療中の方だけでなく、食後血糖値が高く糖尿病が心配な方の参考になれば幸いです。

2013年05月

糖尿病の罹患率が最も高い県民は?

糖尿病の罹患率が一番高い県はどこだか知っていますか?

香川県です。香川県と言えば、讃岐うどんですよね。コシが強くて大好きな麺です。最近は、冷凍うどんでも、美味しい讃岐うどんが楽しめますよね。

うどんの消費量が多くて、「うどん県」という名称も公認されたようですが、うどんのせいで「糖尿病県」にもなってしまったようです。

糖尿病には、脂肪よりも炭水化物がやはり怖いですね。

大事なのは、糖質制限です!

教育入院で10日間入院した時、病院食には、どんぶり一杯の白飯がいつも出ていました。朝食はパンでしたが、ジャムがいつも付いていました。笑。

何を教育しているんですか!

教育入院なんてすべきじゃないですね。ベッドでごろごろして、パンと白飯を食べて、何が教育入院なんですかね!

病院が儲けるためだけの教育入院ではないでしょうか。
10日で30万(3割負担で10万ちょい)もの入院費でした!

横道にそれましたが、ごはん、パン、麺類・・・こうした糖質をできるだけ減らし、野菜を多く摂ることが最大の糖尿病対策です。

糖質を制限するだけで、カロリー(肉や脂肪)とか、それほど気にしなくても確実に痩せられますし、血液検査もすべてが良好になります。

白内障の手術を受けました

5月1日に左目の白内障の手術を受けました。明日、5月7日に右目も受けます。

手術は通院手術で、手術後、すぐ帰宅して、眼帯は翌朝外してもらえますので、不便はほとんどなかったです。

あまりに鮮明に見える上に、近視も改善していたので驚きました。

私のように50代半ばで白内障手術は少し早いのかもしれません。60代や70代の方が多いようです。

以前にも書きましたが、糖尿病になってから、急速に白内障が進行しました。

高血糖は血中のAGEという老化促進物質を増加させるので、健常人よりも老化(老人性白内障)が促進されるのかもしれません。

とにかく、手術のおかげで、鮮明に物が見えるようになり、毎日幸せな気分でウキウキしています。青い空や緑の木々が鮮明に見えるのは、どんなにうれしいことでしょうか!

白内障で手術を躊躇されている方は、是非受けることをおすすめします。

費用も片目5万円以内ですし、手術中も後も痛みは全くないので、怖がる必要はありません。

ローヤルゼリーを1粒あたり800mg配合!「ローヤルゼリー粒 ゴールド800」
ブログランキング
ブルーベリー お試し
訪問者数

    最新コメント
    • ライブドアブログ