糖尿病 闘病日誌

国内では、糖尿病の疑いがある人が740万人と言われ、50歳以上では4人に1人が糖尿病だとされています。 本ブログは、メタボリックな53歳男性が、糖尿病を宣告(ヘモグロビンA1c10.5 空腹時血糖値249)されてからの闘病日誌を綴っています。 すでに隠れ糖尿病や糖尿病治療中の方だけでなく、食後血糖値が高く糖尿病が心配な方の参考になれば幸いです。

2013年01月

ルテインは、白内障の霧視に効果があるのか?

霧視(むし)という言葉を知っていますか?
まさに今の私の視力は、この状態です。

快晴の日であればあるほど、外出するとミストがかかったような状態になります。

白内障は糖尿病で一気に進行するものですね。

眼科でカリーユニという点眼薬を処方されましたが、真面目に点眼してもほとんど効果は感じられません。

眼科が患者に通院させるためのツールでしかないというような噂もネットでは飛んでいます。白内障で点眼するのは日本だけらしいですからね。

ルテインの摂取で白内障が消失したという事例をネットやテレビで知ったので、半年以上せっせと飲んできましたが、効果はまったく感じられませんでした。

そこで、両目の白内障の手術を受けようかと思っています。たとえ霧視(むし)が直っても、ど近眼の私の視力が果たして良くなるかどうかは不明ですが、、、、

片目5万で10万掛かりそうですが、保険金が同じくらい下りそうなので、経費的には何とかなりそう。大げさに入院すれば、入院保険金が出て、逆に儲かるかも(笑)。

白内障の手術は片目30分で、そのまま自宅に帰る人も多いみたいですね。ルテインはこれを飲んでいました。ルテインが効く人もごく稀にいるんでしょうか。

おいしい患者になりたくない!

病気になると、我々は100%医者を信じてついていきますが、本当にそれで正解なのでしょうか?

医者の言うことは100%正しいのでしょうか?

医者は本当に金儲けよりも患者第一なのでしょうか?

イジメの看過や行き過ぎた体罰などから、最近は、よく「学校不信」と言われます。しかし、「医療不信」という言葉はあまり聞かれません。



癌患者と糖尿病患者は、恐らく、一番「おいしい患者」なのではないでしょうか。

ほとんどの外科医は、自分が癌になっても抗がん剤は使わないといいます。抗がん剤が猛毒だと知っているからです。でも患者には必ず抗がん剤を勧めます。病院が儲かるからです。(抗がん剤を投与することで、逆にがん細胞が増えるという人もいます。抗がん剤は増がん剤だと。。。)

最近、こんな本も読みました。子供4人作って、いまや生物としての生殖活動を終えたんだから、私もいつ死んでもいいかなと思います。でも、苦しみながら死にたくはない。静かに逝きたいものです。

糖尿病だが、養命酒を飲んでも大丈夫か?

薬が大嫌いな自分ですが、ギックリ腰の痛みに耐えかねて、最近は、毎朝「ロキソニンS」(三共製薬)を服用しています。イブやバファリンと同様の鎮痛剤ですが、肩こり痛や腰痛にも効きます。

ぎっくり腰の痛みにこんなに即効性があるとは、予想外でした!薬は馬鹿に出来ないな、、、、

私は若い頃60キロくらいしか体重がなく、身長180センチなので、ひょろひょろしていて、どちらかというと、疲れやすい虚弱体質でした。

そんな自分が養命酒を毎晩飲むようになって、虚弱ではなくなったのを覚えています。養命酒は薬ではないでしょうが、今考えると、よく効いたんだな、と思います。

それ以降、食欲がぐんと高まり、太り始める原因にもなったかもしれないのですが。。。。。

その後、結婚して、幸せ太りもあったのですが、最高で99キロですから、相当に食べたのだと思います。

そして、糖尿病になり、95キロ⇒糖尿病88キロ⇒教育入院・85キロ⇒リバウンド93キロ⇒糖質制限85キロという体重の変化です。

養命酒をまた始めようかな、と最近思い始めていたのですが、ご存知の通り、養命酒はかなり甘いお酒です。躊躇していたら、こんなハーブ酒も同じ養命酒製造から出ていることを発見しました。

皆さんは、ご存知でしたか? 寝る前に少しぐらいいいですよね??

ブログランキング
ブルーベリー お試し
訪問者数

    最新コメント
    • ライブドアブログ