糖尿病 闘病日誌

国内では、糖尿病の疑いがある人が740万人と言われ、50歳以上では4人に1人が糖尿病だとされています。 本ブログは、メタボリックな53歳男性が、糖尿病を宣告(ヘモグロビンA1c10.5 空腹時血糖値249)されてからの闘病日誌を綴っています。 すでに隠れ糖尿病や糖尿病治療中の方だけでなく、食後血糖値が高く糖尿病が心配な方の参考になれば幸いです。

2011年02月

糖尿病患者の愚問

糖尿病の専門医に、問診の際に、不謹慎にも、「チョコレートはどれくらいなら食べてもいいですか?」などと、愚問を投げてしまいました。

先生の顔色が一瞬変わりました。「ドキッ」としました。

「あなたの病名は何ですか?」と訊かれました。

はっと我に返りましたが、恥じ入りました。

警察に、どの位なら泥棒してもいいですか?と訊くようなものですね。

悪気はなかったのですが、先生、あきれ返ったようでした。

重症でないので、気持ちが緩んでいたようです。

「気持ちを引き締めて、運動と食事を頑張ります!!」と言ったものの、後の祭りでした。

今も思い起こすと、恥ずかしくなります。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

発芽玄米で、もっと健康になりたい

運動の為、縄跳びを数十年ぶりにやったところ、二重とびを15回飛んだところで、腰がぎくっ、となってしまい、その日は、歩くのが辛かったです(汗)。

体重が、若かりし頃(70キロ)から太ってしまっていること(92キロ)をすっかり忘れておりました。

ダンベルも先日3キロで運動していたら、左の肩が上がらなくなって、やめています。(先生には、最初は1キロから始めるように注意されました。)

いつの間に、こんなに年を取ったのだろうか。

さて、前回紹介した、難消化性デキストリンを毎食後にお茶やコーヒーに入れて飲んでいます。味は全然変わりませんよ。次回検査時のヘモグロビンA1cの値が楽しみです。久々に、5.8くらいになりたいですね。

ところで、発芽玄米に今関心を持っています。玄米は知っていましたが、発芽玄米のことは良く知りませんでした。

発芽玄米は、玄米を一定時間、一定温度の水につけ発芽させた状態のものらしいですね。発芽が始まったばかりの0.5~1mmの発芽状態で食べるのが鉄則だそうです。

玄米は、発芽させると味も消化も良くなるらしいですね。例のギャバという成分が白米の約10倍も含まれていることです。

長生きするには、そろそろ発芽玄米にすべきかな、と思っています。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

難消化性デキストリンで食後の高血糖を予防

糖尿病の方が気になるのは、食後の血糖値です。

空腹時の血糖値は、私も110程度で、それほど高くありませんが、食後2時間ほどすると170以上に上がってしまいます。

食後の血糖値を上げないためには、糖の吸収を穏やかにするデキストリンなどを食後に飲むといいんですね。

それで、難消化性デキストリンの入ったフィットライフコーヒーを飲んでいます。美味しいのですが、1杯100円以上するので、ちょっと高いなあ、と思って1日1杯しか飲みません。毎食後というわけにはいかないのです。

もっと安いデキストリンはないかと探していて、偶然見つけたのが、カイゲンのグルコカットでした。

グルコカットは、難消化性デキストリンが配合されていて、糖の吸収を遅らせる効果をもつことが厚生労働省にも認められたトクホ
特定保健用食品)です。

グルコカットは、静岡県産の茶葉を100%配合し、飲みやすく続けやすい飲料になっているようです。

しかし、12本6300円ということは、1本525円です。
1回180ccとして、1本900ccなら、5回分ですね。

やっぱり、100円かかってしまいます。笑。


だったら、いっそのこと、難消化性デキストリンそのものを購入して、お茶やコーヒーに混ぜて飲めばいいんじゃないでしょうか。1480円!!これに決めた!


にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブルーベリー お試し
訪問者数

    最新コメント
    • ライブドアブログ